赤ちゃんにあったベビーシューズを買うなら|特徴を知っておこう

赤ちゃんの靴選び

これさえ押さえればOK

ママと赤ちゃん

赤ちゃんがよちよちと立って歩く姿はとても可愛いものですよね。家の中だけでなく、外で一緒にお散歩したい。そんなとき、ベビーシューズを買おうと店に向かってみたものの、購入を諦め店を出た方は多いのではないのでしょうか。それは、どのような靴を選べばよいのか分からない、また種類やデザインが少ないという点ではないでしょうか。初めて赤ちゃんが出会う靴ですから、購入に慎重になって当然です。それでは、どのような点に注意してベビーシューズを選べばよいのでしょうか。それは、赤ちゃんの足にちょうど良い大きさで、足指が窮屈にならない靴です。赤ちゃんの足は脂肪に覆われていて柔らかく、まだ土踏まずもありません。柔らかいということは、形が変わりやすいということ。また、土踏まずは足指を動かすことで形成されます。そのため、裸足で歩いているように足指で踏ん張り歩けるよう、足指が動かせる余裕が必要です。この2点を押さえることが大切です。しかし、この2点は押さえても好みの靴に出会えないことが多くあります。そんなときは、通販を利用してみてはいかがでしょうか。実際の商品を手にとって見ることが出来ないので、試着してフィット感が見れない、思い描いていた商品とは異なる場合がある、という通販のイメージがあると思います。しかし、自宅に送られてきた商品を試着し、よければ購入、イメージやサイズが異なれば無料で返品できる通販が数多くあります。そのような通販から購入すれば、赤ちゃんにピッタリなベビーシューズに出会うことができます。赤ちゃんも親も満足できるベビーシューズを通販で探してみてはいかがでしょうか。

節約にもつながります

ベビーシューズ

赤ちゃんの足のサイズはあっという間に大きくなります。そのためせっかく購入したベビーシューズもすぐにサイズアウトすることが多く、頻繁な買い替えに頭を抱えているママも少なくありません。そこでおすすめなのがベビーシューズを手編みすることです。外でのびのび走り回れるような本格的なベビーシューズとなると手編みでは難しい部分もありますが、簡単なものであれば自分でも作ることができます。赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを卒業して本格的に歩くことを覚えるようになるのは1歳前後なので、それまでは毛糸やシルクで作った手作りビーシューズでシューズトレーニングをしてあげましょう。手作りベビーシューズといってもそれほど難しいものではありません。手編みのマフラーや手袋を作るよりもずっと簡単で、毛糸やシルクといった材料ほのか編み棒や針といった基本的な裁縫道具さえあればすぐにでも作ることができます。お裁縫に自信のない方は、ベビーグッズ専門店などで販売されているベビーシューズ作製キットを使ってチャレンジしてみましょう。ベビーシューズ作製キットには基本的な材料と説明書が同梱されており、説明書に書かれてある手順どおりに作業を進めれば簡単に作製することができます。慣れてくればオリジナルシューズを作ってあげられるようになるので、赤ちゃんの足のサイズにあった可愛いベビーシューズを用意することができます。手作りベビーシューズは作製費用もほとんどかからないので、たくさん作ってあげればベビーシューズの購入費用の節約にもつながる点も大きな魅力です。

慎重に選びたい

赤ん坊

靴の選定は非常に重要です。特にベビーシューズに関しては慎重に選びたいものです。まだ小さな赤ちゃんの足は未発達です。だからこそしっかりとサポートしてくれる靴が必要です。まずはベビーシューズのサイズ選びです。自宅でも測る事は可能ですが、ベビーシューズ売り場で専門のスタッフに測ってもらうのが理想です。足が宙に浮いている状態と、しっかりと地面に足裏がついた状態とでは、サイズに差がでてしまいます。足をしっかり付け、指が自然に広がった状態を見て初めて測定できます。これにはコツが必要です。ですから、測ってもらうことをおすすめします。サイズが分かったら、次は未発達な足をしっかりサポートしてくれる靴かどうかをチェックします。特に足首、踵がまだしっかりしていないのでハイカットのものだと安定感があります。つま先は、転びづらいように適度に柔軟性があるかどうかも購入前に気をつけて見ておきます。子供によっては極端に甲高、幅広の子や、逆に薄め・細めの子もいます。同じサイズでもメーカーによって、品物によって履き心地が変わってきます。まだ自分の感覚だけでは判断できない乳幼児期ですから、大人がしっかり見て判断してあげたいものです。履くものによって、歩き方も変わってきたりします。サイズの変化も大人と比べると急速なので、サイズアウトの時期も見逃さずに新しいものを用意してあげましょう。ベビーシューズを選ぶ際には以上のような事に気をつけて選ぶと良いです。